陰茎増大の値段に含まれる内訳

陰茎増大の施術の内訳

ペニスが小さいことをコンプレックスになさってる方は、全国にたくさんいらっしゃいます。
その方々の悩みを解消してくれるのが陰茎増大であり、今では全国に約20万件もの数である医療機関で受けられます。
陰茎増大は自由診療となるので、クリニックで提示されている値段はすべて100パーセント割合の医療費です。
全国の相場が約10万円となっており、その内訳は6万円が手術費用・2万円が内服薬、3万円が処置とアフターケアのお値段です。
このトータルの値段以外に、通院時の診察代も加算されるので全部で20万円を目安にすると良いでしょう。
陰茎増大の処置は1回で終わるので、公式webサイトなどで記載されている値段は1回分のみです。
もしも同時に別の施術も実施して欲しいと思われている時は、医者か看護師にその旨を伝えれば割引価格で提供されることもあります。
どの医療機関でもレセプトを発行されるので、ここで詳しく把握ができます。

陰茎増大以外で必要となる費用

陰茎増大の名目で提示されている費用は、基本的には手術に掛かる値段のみです。
この中にはレーザー治療機器の使用料から麻酔や点滴も含まれ、計10項目の内訳となるでしょう。
それ以外に別途請求されるのが内服薬の費用です。
陰影増大施術を受けたあとは、最低でも一か月間は抗生剤と鎮痛剤の二種類のお薬を服用しなくてはいけません。
このお薬の代金も全額自己負担となり、約1万円が相場です。
少しでも値段を抑えたいという場合は、ジェネリック製品を希望すると良いでしょう。
この値段以外に必要なのが週一回の通院でいる診察代金です。
経過観察のみであれば一回につき2,000円なので、さほど大きな負担とはなりません。
半年ほどの通院を目安にして、すべての治療サイクルは完了します。
なお、手術の代金に至っては大半のメンズクリニックで医療ローンが適応できます。
これを利用すれば毎月少額の負担で陰茎増大をおこなえる方法です。

まとめ

陰茎増大で必要となる料金は、約10万円です。
この内訳はすべて手術時に欠かせない処置の値段なので、全国的に相場は同じとなっています。
この値段以外に、通院時に必要となる診察費や内服薬のお薬代も別途必要です。
トータルで約20万円を用意しておけば、陰茎増大をすることができます。
詳しい内訳は必ず医療機関で発行される「レセプト」に目を通すとすぐに把握することが可能です。
医者や看護師に尋ねるのもひとつの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です